スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは

お久しぶりです。
皆さんお元気でしょうか!

心配してメールくれた方、ありがとうございました。
僕は元気ですよ!大丈夫です!

仙台は震度こそ6強?だかびっくりするような数字ですが、もともと宮城県沖地震が起こる起こると言われていたこともあってか、そこまで被害は大きくないように感じております。

それよりも、報道されているように津波による被害があまりに甚大ですね。
津波というものがここまで猛威をふるうものかと。津波災害への対策としては日本随一を誇っていた三陸地域であれですから、完全に人知を超えるものだったということですよね。
祖母の実家が宮城県の沿岸部に位置する山元町という場所にあるのですが、家の建っていた場所には何もないそうです。祖父のお墓もその近くにあるのですが、そこにも何もないそうです。


人災に関しては、安全だ安全だと言われてきた原発がこれだけ大きな問題になっています。
ただ一つ、枝野官房長官がおっしゃっている通り、「直ちに人体に影響を与えるようなものではありません。」
少なくとも避難勧告が出された20km以内、また屋内退避の指示が出された20km~30kmの範囲じゃない、関東とか全く心配する必要ないです。

計画停電のこと自体はすっごく大変だと思うけど、それで買いだめしてたり。そういうのは本当にやめてほしい。
うちはまだ物資がある方だからいいけど、避難所では物資が来るのを心待ちにしている人が大勢いるし、避難所に送る分は店頭に並ぶものとは別に確保されているとは言っても、そこでなくなった分を補充するためにそちらにも輸送しなければならなくなって、物資を枯渇させていっていることに変わりはない。結果として、本当に必要としている人に十分に行き届かなくなるってことになりかねないんだから。

それで放射能の食物に対する影響っていうことがテレビで取り上げられたら、今度は店頭に並んでいるほうれん草が全然売れない。原発の影響を受けていないところの牛乳が、「福島県産」というだけで食料品店に買ってもらえない。

なんなんだよほんと・・・こればっかりは苛立ちを隠せないですね。

それに影響を受けてしまったところは、野菜や原乳を捨てるしかない。ほんと、断腸の思いですよこれ。牛乳好きの僕としても、捨てるなんてのは心が痛みます。
父親の実家は原発範囲外ですが、酪農・米・野菜ぜんぶやってて、これからがとても心配です。



テレビも普通の番組がかなり放送されるようになってきて、目が逸らされがちかもしれないけれど、行方不明者の捜索もまだ行われている。避難所に避難している方は30万人超。寒い日も続いているし、毛布1枚を数人でまとまって使っているような状況。
自分はいつ崩れるか分からないような家だけれども、雨風をそれなりに凌げて毛布もある、こんな贅沢な生活してていいのかなって思うことがたびたびあります。

けどそこで得た活力を、微力かもしれないけれど地域に貢献できたらなって思って、町内会(平均年齢がおそらく60代)で力仕事や給水作業を手伝ったり、避難所・老人介護施設でお手伝いすることで自己消化していました。

まー自己満足かもしれないけれど、それでありがとうって言ってくれる人がいるならばそれでいいかなって感じです。


あとは、「一応」東北内では名の通った大学ですし?総合大学ってこともあって、各分野の教授陣がせっせと動いて、知恵を出し合って、復興に向けての対策を自治体と共同で練っているとか。
構想がPhaseⅢまであって、40年ほどかかる見積もりだそうで。長くかかるとは思うけど、僕が愛して止まない仙台もですが、今回の被災地すべての復興を心より願うばかりです。







そうだ。僕の心配をしてくれた方もいると思うので、僕の今日までのことを簡単に。




研究室のゼミ室で実験のデータ整理をしているときに地震発生
とりあえず一緒に部屋にいた友達と廊下に出て、研究室の他の仲間を確認。
ちなみにこのときゼミ室のパソコンやら食器棚やらロッカーが倒れてきて、とてもガスの元栓を締めるとかコードを抜くとかする余裕はありませんでした。
揺れは5分~10分くらい続いていたような感覚で、本当に立っていられず、床にへばりつくような状態でした。


揺れがおさまったら大学の駐車場まで避難、携帯の電波は一応残っててメールは来るもののなかなか返せず。
まあ実際は家族が心配で、電話かけまくってたからそれどころじゃありませんでした。すみません。


教授らの決定を待ち続けること1時間半。その間もかなり強い余震が続き落ち着かない。
とりあえず帰宅して自宅待機という指示が。


なかなか帰宅できず・・・普段なら大学から家まで車で15分というところなんですが、道中の崖が崩れていたり、仙台城の石垣が崩れていたり、旅館が崩れて道を塞いでしまっていたりで、家に着いたのが20時。

家族とも連絡できていないままだったので、家に着いて家族が全員無事ということが分かったとき、俺も安心したし、家族も皆泣くくらいでした。


もちろんのように家の中はぐちゃぐちゃ、電気もガスも水道も止まっていたので、その日は家の外で寝るしかなく、部屋から毛布を引っ張り出して外で寝ました。


2日後に水道が復旧。

4日後に電気が復旧。

5日後に親戚が奇跡的に全員無事だったということが判明。

7日後に原発の避難区域から避難してきた親戚がしばらくうちに居候することになり、うまく協力してやらねば!というところ。


ガスはいまだ復旧せず。



ということでお風呂にはもう1週間以上入ってないです。ウェットティッシュで体拭いていますが、たぶんばっちいです。
近くのスーパー銭湯が一人30分という時間制限ありですが営業しているので、そのうち行って来ようと思います。




また元気に皆と遊びたいなーって思います!
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

オメプラ

Author:オメプラ
ぽぷらサーバー

動かしてそうな主要キャラ達↓


英雄  200 オメプラゾル(2009/8/22に200達成!)
弓   200 シロスタゾル(2011/12/4に200達成!)
弓   200 オメプラット(2010/8/22に200達成!)
メルセ 200 オメプラッツ(2012/3/17に200達成!)



薬剤師を目指してることもあり、キャラ名は薬から取ってつけた名前が多い!
けどネタ切れで最近は適当なノリでした(:D)┼─┤

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。