スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状

こんばんわ、というよりはおはよございます。


こんな時間だし、すっごい眠いし、寝ればいいじゃん?なんだけど


今日感じたことは今日のうちに記しておきたいと思ったから頑張ります。

カテゴリが『リア』ですし、メイプルとかの話題ではないのですが、出来れば目を通していただきたいので、時間があれば見てやってください。









今日は朝突然家に

「今日墓石を立てることになったから来い」と祖母の弟さんから電話がありました。


うちの祖父は俺が高校1年の秋に亡くなっております。
俺は両親がずっと共働きだったり、父親が単身赴任してたりで、小学校中学年くらいまでは祖父母に育てられていたという感じでした。
毎日夕方から一緒に大相撲を見て、その後は野球のナイター中継を見て、祖父の晩酌のお酌をしてました。
夏なんかは夕方まだ明るいので、祖父とキャッチボールなんかしたもんです。年をとるにつれて上達していくと、「じょんたじょんた!」(じょんた=上手だ)って言って褒めてくれたもんです。


そんな思い出深い祖父のお墓が、宮城県亘理郡の山元町という場所にあります。
今日はそこに行って来たのです。


google earthなりで地名検索していただければ場所は分かると思います。
すぐ横が太平洋、つまり沿岸部なんですね。

2011.3.11の東日本大震災においては、津波により地域一帯が丸飲みにされた場所なんです。
祖母の弟さんというのがそこに住んでいたのですが、今はそこには何もありません。
見えるのは数軒の民家と数本の防風林の残骸です。

Image004.jpg

写真がちっちゃいし、中央には黒い点が写ってしまうし、画質も悪くて見えづらいのですが、奥に見えるのが民家ですね。ですが実際にはもう人は住んでいません。1階部分にはいまだに片付けられていない家具やら流木が雑に置かれています。
田舎の家ってご存知でしょうか?大体こういう集落のような場所って家の周りに竹垣があったり、植樹して家を囲ったりするもんなんですよ。

それが一切見当たらないのがお分かりになると思います。全部流されてしまったようでした。
見ての通り、ぽつーんぽつーんと何かが建っている、そんな感じです。

ちなみに祖母の弟さんの家があった場所(方向)がこれです。


Image005.jpg

奥まで建物らしきものは見当たりませんよね?そこには初めから何もなかったかのように流されてしまったそうです。
目の前にある水溜りらしいものは津波をかぶったせいで水はけが悪くなった部分です。元はただの砂地です。
ここから200m先くらいが浜辺で、祖母の弟さんの家がちょうど中間の100m先くらいでした。
右奥に見えるのは山でも丘でもありません。

あれはガレキです。

こっちにもガレキ

Image002.jpg

写真を撮った場所は全て同じ位置です。
撮る方向を変えただけです。こんなガレキの山が360度、色々な場所に点在していたりします。

そしてお墓です。


Image003.jpg


おそらく見慣れた『墓地』というものの光景とは違うでしょう。
人の手なんかでは到底持ち上げることなんて出来ない墓石ですが、津波でなぎ倒されて散乱していました。
当時はどこに流されたかも分からない状況だったみたいです。今は持ち主がある程度特定でき、とりあえずある物に関しては元の位置に戻してある、といった状態でした。
このとりあえず元の位置に戻された墓石を、ちゃんと立てて元の状態に戻す、というのが今回の目的だったのです。

元に戻す前にお墓の下に納められていた遺骨(津波のせいで流されたり砕かれたり)を集められるだけ集めて納めなおし、最後に墓石を立て直して作業は終了しました。



今日の目的はこれだったのですが、作業中はずっと何かを考えることは出来ず、ただただこの眼前に広がる光景に唖然とするばかりでした。






1年が経ったんです。

1年が経ってこの現状なんです。

俺が住んでる仙台市は地震によって建物が被害を受けた程度なので、今はもうほとんど全て復旧したと言っていいほどだと思います。
でも沿岸部はこのように、本当に全くと言っていいほど復旧、復興はなされていないのです。


亘理なんかは多くが農村だったりもするので、塩害により農業が出来ないだとか。

とてもまた同じ場所に家を建てる気にはなれない。この土地を愛しているのは間違いない、でもまたここに住めるかと言われるとそれはまた別問題なんです。

さらにはガレキの山々。毎日のようにニュースでガレキ処理には日本全国の地方自治体の協力が----と言われていますよね。

2つ前の日記でも書きましたが、風評被害というものがひどすぎる。
人体に影響を与えるほどの放射能はないんですよ?それを細野環境大臣自らが計測器でもって測定して示しているんですよ?国の権力者が自分の手で足でそこまで示して協力を要請しているのに、ガレキ受け入れを反対する人たちに納得していただけない。

こっちは協力していただく側なので何も強く言うことは出来ません。協力してくれると言ってくれている市町村には本当に感謝しています。でも全然手が足りてないんです。


地震の直後から、「完全な復興には40年かかる」とまで言われた今回の震災被害は尋常なものではないんです。
40年後って俺ですらもう定年ですよ。気が遠くなる、とは言いすぎかもしれませんがとても長い年月です。


今、自分に出来ることは何かな?ってふと考えたときに、目の前・身の回りのことをしっかりして、少しでも家族の負担を減らす、ってことがまず思い浮かびました。

じゃあ自分・家族・親戚以外の人たちに出来ることって何?って考えたときに、やはり他への協力を呼びかけるってことなんじゃないかなと考えました。
そうすることで間接的にだけど、東北や関東の被災地の復興へとつながり、その地域の人々が前へ進めるようになるのではないかと思います。


だから、少ないとは思いますがここを見てくださってる皆様へ。
ほんの少しでいいんです。些細なことでいいんです。

コンビニのレジ横に募金箱が置いてあったりしませんか?お釣りの10円、5円、1円だけでもいいんです。
家にいらない古着とかタオルとか余っていませんか?各役場がまとめ役となって救援物資を送ってくれたりするサービスもやってるはずです。

行動を起こすことに意味がある。
日本という島国の集団心理により、人がしている善行ってとても心に残ってしまうものだと思うんです。

それが連なって、大きくなって、塵も積もれば山となる。

あなたの1アクションで変えることが出来るかもしれない。

なんか選挙の謳い文句みたいになっちゃったけど・・・


少し意識してもらえたら嬉しいです。






最後に、今日絡んだ人たちへ。

こんな考えごとしてて、正直自分でもまともなやり取りなんて全く出来なかったんじゃないかって不安なんですが・・・。
でもたまに日常的な会話をすることで重く沈みすぎずに済んだかもって思います。

付き合ってくれてありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近あんまり募金ってないからまたやっとくよ(´∀`*)

No title

>ゆきちゃん

ありがとう。・゚(´pωq`)゚・。
気持ちだけでも嬉しいって言いたいんだけど、それじゃだめな所がまだまだたくさんあるから皆に協力してもらえるとほんと助かるんだよ。
sidetitleプロフィールsidetitle

オメプラ

Author:オメプラ
ぽぷらサーバー

動かしてそうな主要キャラ達↓


英雄  200 オメプラゾル(2009/8/22に200達成!)
弓   200 シロスタゾル(2011/12/4に200達成!)
弓   200 オメプラット(2010/8/22に200達成!)
メルセ 200 オメプラッツ(2012/3/17に200達成!)



薬剤師を目指してることもあり、キャラ名は薬から取ってつけた名前が多い!
けどネタ切れで最近は適当なノリでした(:D)┼─┤

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
sidetitle検索フォームsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。